夜の女性の質問→運命は決まってる?決まってない?

夜の女性の質問→運命は決まってる?決まってない?

瀬名です。

先日は佐藤さんの彼女が務めるキャバ クラに
連れられて行きました。

ちなみに、佐藤さんの彼女は、
最近キャバ クラに努めだしたのですが、

出会ったキッカケは夜釣りです(笑)

(夜釣り=夜フラフラしてる子に声をかけること)

でそれはまた別の話しなんですが、
今回はちょっと考えさせられる話しです。

僕に付いた子がいたんですが、
名前はあいちゃんとします。

その子はたまたま佐藤さんの彼女の同級生でした。

これもすごい偶然というか、世間は狭いですね。

で、この時にあいちゃんに言われた言葉があったんですね

「運命って決まってるのかな。それとも決まってないのかな」

こういう疑問って誰しも一度は考えたことがあるのでは
ないでしょうか?

あなたは、どう思いますか?

あなたならどう答えますか?

====================
・運命は生まれる前から決まっている?

・運命は決まっていない?
====================

思うんですが、ある時に、『これって運命的だな』
と思えるような出来事って起こりますよね。

でも一方で、『これは自分の力(努力)で切り開いたんだ』
と思う時もあるはずです。

なので・・運命は決まっているとも言えるし、
決まっていないとも言えると思うんですね。

ちなみに、運命の定義を見るとこのようにあります。

■運命の定義:

『人間の意志を超越して人に幸、不幸を与える力。
 また、その力によってめぐってくる幸、不幸のめぐりあわせ。』

『一般に,人間に与えられた逃れることのできないさだめを意味する語。
 宿命とほぼ同義。』

『超自然的な力に支配されて、人の上に訪れるめぐりあわせ。
 天命によって定められた人の運。』

つまり運命ってこの質問にも通じてきますよね↓

====================
神はいるのか?

神はいないのか?
====================

で、思うんですが、人は永遠に絶対的な答えだとか、
真理にはたどり着けないと思うんですよね。

神はいるのか?

運命は決まっているのか?

死んだらどうなるのか?

前世と来世はあるのか?

人はなぜ存在しているのか?

など。

たしかにそれらしい“答え”は出せるかもしれませんが、
それは推論の域を出ないわけです。

人類の永遠の謎を解明しようとするのは
とてもエキサイティングなことです。

でも
今を生きる僕らとして唯一絶対的なこととして分かるのは

『今、生きている』という事だけなんですね。

僕らにとっては、前世や来世とかよりも、

今の人生をどう生きるか

だけが問題なのです。

だって現世以外のことは分からない訳ですからね。

そして、ここからが凄く重要だと思うんですが、

====================
『何かを絶対とすることは、
 それ以外のすべてを否定することになる。』
====================

のではないでしょうか?

たとえば一神教の欧米では、

神の名のもとに戦争する
のが正義なわけですよね。

自分たちが信じる唯一神。
それいがいはすべて真理から惑わす悪魔。
なんです。

(日本人には信じられないかもしれませんが
 本当にこういう価値観です)

もちろん全員がそうではありませんが、
権力のトップにいるような人たちほど

信仰心が強いので、狂信的な部分があります。

で、そういう価値観(文化)で生きている彼らにとってみれば

正義 vs 悪

という構図がハリウッド映画などで
繰り返し使われるのも納得なんですよね。

でも、世界って一律に正義と悪に分けられるほど、
単純ではないわけですよね。

今の世の中においては、

・正義=勝った側(強い側)

・悪=負けた側(弱い側)

なんですよね。

だから勝った側は、自分たちが戦った理由を
正当化しようとするし、
負けた側がいかに悪かったかを喧伝するわけですからね。

で、話を戻しますが

・運命は決まっていると固く信じれば、
信じない人たちを否定することになります。

・神はいると固く信じれば、
信じない人たちを否定することになります。

じゃあ、【否定】って現世を生きる僕らにとって
役立つ感情(行動)でしょうか?

強烈な否定意識って怖いですよね。

否定するから、争いや戦争が絶えないわけですからね。

人間関係でも、相手を否定したら、そこで終わりな訳です。

・・・

・・・

こう考えていくと、否定の感情なり行動は、
現世を生きる僕らにとってはかな~り

“有害”になりえることが分かります。

つまり、絶対的になにかを信じる、という事自体が、

否定の感覚を生み出すということになります。

もちろん何かを強く信じることは
悪いことではないと思います。

でもそれが高じて、

 他の人を否定したり、
 下に見たり、
 
するようになったら危ないですよね。

人はそれぞれの世界観をもって生きています。

人それぞれがパラレルワールドに生きているくらい、
人それぞれの現実感は違うのですね。

だから、現世で成功して充実した人生にしたいなら、

まずは他人(自分以外の世界観)を

【うけいれること】がとても重要なのではないかと思います。

よく『器が広い』って言いますけど、

成功者はやはり器が広い人が多いんですね。

これって要するに、

器が広い=他人を受け入れることが出来るってことです。

こういう人はモテますよね。

なので、

『絶対とか真理。』

という言葉はけっこう危ない言葉だな~
なんて思ってしまうんですね。

だいたい、絶対とか、真理とか、言う人は、
あんまり近づかないほうが良いですよね。

そう言う人はだいたい、
他人をコントロールしようとしてくるからです。

僕は昔、親がクリスチャンだったので、
いろいろな教えを受けてきたのですが、

やはりその経験を通していろいろ学んだんですね。

人が信じる力ってのはすごいですが、

自分の考えが絶対
という考えほど怖いものはないです。

怖いし、ダサいんです。

それこそ、【井の中の蛙】です。

自分の世界観や自分軸をもつのは大いに結構ですが、

他人の世界観を否定するのだけはしないことですね。

それでまた冒頭のキャバクラの話に関連しますが、

そもそもおじさんが嫌われるのって、
自分の価値観を押し付けすぎるから
ですよね。

おじさんは経験があるから、色々学んできて
人生訓なり哲学があるのは確かです。

でもその価値観で、他人の世界観を否定するようになると
危険信号なんですね。

『この人なんかやだな。』

人は直感的にそう感じるわけです。

なので【否定だけはしないように】
気をつけたいものですね。

では今日はここまでです!

もっと人間心理を学びたい方はコチラ:
http://ideologist.info/darkness/lp/

※登録すると佐藤さんの彼女の写真を見れます。
 どこにある・・とはあえて言いません(笑)
 見つけてみて下さい。

瀬名晴太